Zview

[インサイト事業部]

TikTok運用代行とは?依頼できる内容やメリット・デメリットについて

TikTokの急成長とともに、企業はTikTokを利用したマーケティングに注目しています。しかし、TikTok運用には専門知識や経験が必要なため、自社で行うことは難しいと感じる企業も少なくありません。

TikTokの運用で成功するためには、効果的な運用戦略が重要です。そこで本記事では、TikTok運用代行会社について解説します。

  • 依頼できる項目や内容
  • 依頼するメリットやデメリット
  • TikTok運用代行会社のTikTok運用事例

この記事を読むことで、社内と社外どちらでTikTok運用をしたほうが効率が良いかを判断できるようになるため、ぜひ参考にしてください。

TikTok運用代行とは

TikTok運用代行 とは

TikTok運用代行とは、TikTokを活用し専門の代理業者に運用を委託するものです。

TikTokは10代から20代の若者が多く利用しています。そのため、TikTokを運用することでZ世代へ直接アプローチでき、企業マーティングやブランディングにおいても重要な位置を占めています。

TikTokを効果的に運用するには、ターゲット層の理解や動画制作のノウハウなど、専門的な知識やスキルが必要です。また、継続的に社内で運用するには、手間や時間がかかるでしょう。

このような専門スキルや時間がない人のためにTikTok運用代行サービスがあります。

TikTok運用代行の業務内容

TikTok運用代行 業務内容

TikTok運用代行会社では、具体的にどのようなことを代行してくれるのでしょうか? 以下で、5つの業務内容について解説します。

TikTokのアカウント開設

TikTokのアカウントは、自社の商品やサービスの魅力を伝えるために、重要な役割を持っています。

そのため、TikTokのアカウントを開設する際は、企業の目的や目標・ターゲット層などをヒアリングし、ユーザーの関心を惹くアカウント設計をする必要があるでしょう。

TikTok運用代行会社では、ヒアリングをもとにアカウントの方向性や、総合的なコンセプト設計、サポートがされます。

動画投稿の戦略立案

TikTokは、ショートムービーが中心のSNSです。そのため、TikTokで成功するには、効果的な動画投稿戦略の立案が重要なポイントとなるでしょう。

TikTok運用代行会社はターゲットの興味や関心を分析し、最適な動画投稿時間や頻度、コンテンツのテーマ、投稿内容など最善の提案をします。

また、トレンドに合わせた投稿も重要で、人気のハッシュタグやバズりやすい音源などを提案してくれるでしょう。

動画の撮影・編集

動画の撮影・編集は、TikTok運用のメインとなる業務内容です。TikTok運用代行会社のスキルやノウハウを活かせば、特殊な機材での撮影や素人にはできない編集で、魅力的なコンテンツを制作できます。

また、知見を活かしてブランドイメージに合わせた音楽や効果音、フィルターなど最適なものを選定してくれるでしょう。

投稿やレポート

TikTok運用では定期的に動画を投稿し、再生数やいいね数、コメント、シェア数などフォロワーの反応を分析します。ターゲットに対して、正しい運用をできているかを判断するためです。

効果的な運用をするために定期的にレポートを作成し、どのコンテンツが最も効果的であったか、どのような改善が必要かPDCAを回します。

これにより、今後のコンテンツ戦略を最適化し、より効果的な運用プランを実現しています。

出演者のキャスティング

動画の魅力を高めるためには、インフルエンサーやタレントなど、ターゲット層に合った出演者を起用することが大切です。

出演者がターゲット層にマッチしていれば、共感を得られるだけでなく、企業のブランドの価値を高められるかもしれません。

インフルエンサーやタレントを起用する場合、事務所との関係性がないと打診が難しいこともありますが、TikTok運用代行会社であれば所属事務所と協業している可能性が高いため、キャスティングできる確率が高まるでしょう。

TikTokの運用代行を依頼するメリット

TikTok運用会社 メリット

TikTokの運用代行を依頼するメリットは以下になります。

  • 専門家のノウハウを活用できる
  • 効率的な運用が可能
  • 人件費の削減につながる
  • 炎上リスクを軽減できる
  • インハウスで始めるよりも結果が出やすい

専門家のノウハウを活用できる

TikTok運用代行会社は、ターゲット層の理解や動画制作のノウハウなど専門的な知識やスキルを持ったスタッフが多く在籍しています。そのため、専門家の知識と経験を活用できます。

最新のトレンドやアルゴリズムの変更、効果的なコンテンツ戦略にも精通していることから、自社でゼロから運用するよりも効果的な運用が実現可能となるでしょう。

効率的な運用が可能

TikTok運用代行の利用で、運用の効率化が図れます。代行会社は、コンテンツ制作やスケジュール管理、アカウント分析など、TikTok運用に関する業務を一貫して引き受けています。

これらの業務を自社で行う場合、通常の業務と並行することになるでしょう。その場合、社員の負担が大きく、時間も必要です。

TikTok運用代行会社に依頼することで、企業は本来するべき業務に集中し、ビジネス運営の効率向上も可能です。

専門家による情報収集や分析をしながら調整を行えば、結果的に費用対効果の高い運用結果が期待できるでしょう。

人件費の削減につながる

TikTok運用代行の利用は、長期的に見れば人件費の削減につながるかもしれません。

自社でTikTok運用の専門チームを編成した場合、カメラマンや編集者、ディレクターなど運用の担当者を雇用する必要があります。

また、社員が動画編集技術や運用に関する知識を獲得するのに時間が必要となり、早く成果を出すことは難しいでしょう。

一方で、TikTok運用代行会社を利用すれば、初期投資や人件費を抑えられ、専門的なサービスを利用できます。

炎上リスクを軽減できる

TikTok運用代行の利用は、SNSにおける炎上リスクを軽減できることもメリットです。TikTokは、10代から20代の若者を中心に利用されており、不適切な内容の動画が投稿されると、たちまち炎上する可能性があります。

また、TikTokの規約も厳しくなっており、不適切な表現があるとアカウントの凍結も考えられます。

TikTok運用会社であれば、投稿する動画のトーンや言葉遣い、イメージなどに細心の注意を払い、企業のブランドイメージに悪影響を及ぼすような配信を防げるでしょう。また、事例ノウハウが溜まっているため、万が一炎上してしまった場合でも、迅速に対応でき、被害を最小限に抑えられます。

このようなリスク管理は、専門知識がない場合には難しく、専門家のサポートが不可欠だといえるでしょう。

インハウスで始めるよりも結果が出やすい

TikTok運用代行は、社内で運用を始めるよりも早く成果が出やすいこともメリットです。効果的な戦略の策定と迅速な実行、改善により、すばやく目標達成へ導くでしょう。

TikTokはつねに進化し続けるプラットフォームであり、トレンドやアルゴリズムの変更に素早く対応する必要があります。

TikTok運用会社は、これらの変化にいち早く気づき、企業戦略に盛り込めます。また、自社運用では見逃される機会を捉え、競合他社よりも一歩先にいけるでしょう。

TikTokの運用代行を依頼するデメリット

TikTok運用代行 デメリット

TikTok運用を代行会社に依頼するのは、メリットばかりではありません。以下のようなデメリットも少なからずあります。

  • 費用がかかる
  • 自由度が制限される
  • 運用方針に納得できない場合がある

固定費用がかかる

TikTok運用代行サービスの利用には通常、月額料金やプロジェクトごとの料金が発生します。

TikTok運用代行の費用は代行会社や企業規模により異なり、月額費用は30~50万円、成果報酬はフォロワーの増加数やCV獲得数など、成果に応じて費用が発生します。

加えて、追加のサービスやキャンペーンを実施した場合には、さらにコストがかかるため、慎重な検討が大切です。

また、必ずしも高い効果が得られるとは限らないため、小規模な企業や予算が限られている場合は、運用代行費用が大きな負担になることを考慮しておきましょう。

自由度が制限される

TikTok運用代行を利用した場合、コンテンツ制作や戦略の自由度が制限される可能性があります。

TikTokの運用は、代行会社が持っている経験やデータに基づいて戦略を立案するため、企業の要望やアイデアがすべて反映されるとは限りません。

TikTok運用代行会社と事前に十分なコミュニケーションを取り、意見の相違が起きないように、すりあわせておくことが大切です。

運用方針に納得できない場合がある

代行会社が提案する運用方針や戦略に、企業が納得できない場合もあります。これは、ブランドの理念や目標と代行会社の意見が合わないときに起こります。

また、運用の透明性やコミュニケーションの欠如、レポート結果により、企業が運用に関して不安を感じることもあるでしょう。

意見の相違があった際、話し合いをして解決しない場合は、別の代行会社への依頼を検討しましょう。

TikTok運用会社を選ぶ4つのポイント

TikTok運用代行を依頼する際、会社選びが最初の関門になります。以下では、TikTok運用会社を選ぶ4つのポイントを紹介します。

実績やノウハウ

TikTok運用代行会社を選ぶ際は、実績やノウハウが充実しているかが重要です。TikTok運用代行会社の実績や経験が豊富であれば、効果的なTikTok戦略を提供できるでしょう。また、業界やターゲット層を把握していることも重要です。

TikTok運用代行会社の成功事例や過去の運用アカウントのフォロワー数、再生回数などのデータをホームページで公開しているか確認しましょう。

費用対効果

TikTok運用代行会社には、動画の撮影・編集・投稿などの作業をすべて代行する会社もあれば、サービスごとに費用が分けられており、その都度追加費用がかかる会社もあります。また、TikTok運用代行の費用は月額費用や成果報酬など、代行会社により異なります。

重要なのは、支払う費用分のサービスや成果、売上と釣り合っているかです。コストに対する効果が高い会社を選択しましょう。

対応範囲

TikTok運用代行会社を選ぶ際は、サービスの範囲や納品物が明確にされているかも重要です。

TikTok運用代行のサービスは、コンテンツ制作や戦略立案、データ分析など、多岐に渡ります。動画制作の工程ごとの料金や動画投稿の回数、動画制作後の修正など、追加サービスの確認も必要です。また、緊急時の対応や自社との隔週ミーティング、ヒアリングなどの定期的なコミュニケーションも考慮すべき点です。

業界や市場が合っているか

特定の業界経験があるTikTok運用代行会社を選ぶことは、目標達成の鍵となります。

例えば、ファッションや美容などの業界では、トレンドを意識した動画制作が重要となるでしょう。TikTok運用代行会社が、業界特有のニーズや顧客の行動を理解していれば、より効果的な戦略を提案できるかもしれません。

単にサービスの質だけではなく経験や知識の豊富な業界を選べば、目標を達成するための良きパートナーになるでしょう。

TikTok運用代行の「僕と私と株式会社」の実績

TikTok運用代行 僕と私と株式会社

ここからは、TikTok運用代行会社「僕と私と株式会社」の実績を紹介します。

  • おさ活【タップル】
  • どうする?私【三菱UFJ】
  • ニセコが美しすぎる【倶知安観光協会】

僕と私と株式会社のスタッフは7割がZ世代。若者へのアプローチが得意で、心を動かす企画が魅力です。

次から、詳しく解説していきます。

おさ活【タップル】

「おさ活」は、マッチングアプリ・タップルが運営する公式TikTokアカウントで企画され、Z世代をターゲットにした恋愛コンテンツが展開されました。

幼馴染みの共同生活をテーマとしており「恋をしたくなる」ショートドラマ式のコンテンツは、リアルで甘酸っぱいシチュエーションが展開されています。

おさ活のTikTokアカウント開設から1年で累計再生回数が2億回を突破し、Z世代のユーザーから高い関心を集めました。

これにより「僕と私と株式会社」では、若い世代の心をつかむコンテンツ制作において実績を出し、ターゲット層に合ったストーリーと戦略的なSNS運用で、ブランドの認知度の向上に成功しています。

どうする?私【三菱UFJ】

「どうする?私」は、三菱UFJ銀行と三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が共同企画した、TikTokのショートドラマです。

この企画は、北海道の地方創生に焦点を当てた「MUFG北海道推しごとオーディション」の一環として展開されました。

ショートドラマでは、北海道内の社会課題に取り組む事業を紹介しており、それぞれの自治体の地名を使用した人物が登場し、事業を面白おかしく訴求しています。

その結果、総視聴回数220万回以上・いいね1.5万件を達成し、地域への理解や社会課題への興味や関心を高めることに成功しています。

ニセコが美しすぎる【倶知安観光協会】

「ニセコが美しすぎる」は、北海道倶知安町の自然の美しさや地域の魅力をTikTokを通じて国内外に広く伝える取り組みです。

例えば、倶知安町の風景や文化・食事に焦点を充てたコンテンツを制作し、TikTokで配信されました。これにより、地域の魅力を伝え新しい観光客の誘致も目指しています。

SNSを活用した現代的なマーケティング手法と地域の価値を組み合わせることで、地域の活性化に貢献しており、新しい観光客の獲得や地域振興に効果がありました。

まとめ

TikTokは、若者を中心に日本で急速に普及しており、企業マーケティングでも多く使用されています。

しかし、インハウスでTikTokの運用をするには、専門の知識や人手不足が懸念されます。企業ブランドに合った戦略やコンテンツを発信するためには、TikTokの運用代行の利用がおすすめです。

TikTokの運用代行会社には実績と専門的な知識があり、適切な動画制作や配信後には定期的なターゲットの反応の分析や改善・調整が行われます。

しかし一方で、コストがかかることや自由度の制限・運用方針への不一致といったデメリットへの考慮も必要です。

TikTok運用代行を依頼するときは、デメリットを理解したうえで自社に最適なサービスを選択しましょう。